ブログトップ

Tamam-Tamam

source1979.exblog.jp

~心を潤す癒しブログ~titleはトルコ語で「気にしないで行こうぜ」。lifeworkであるphotographing、そこから生まれた写真たちと、ちょっとここらで一休み。

菊かぼちゃ

別名「日本かぼちゃ」。普段、皆さんが召し上がっているかぼちゃ(昼のお弁当に入っているかぼちゃ、かぼちゃスープ、かぼちゃプリンなど・・あ、あんまり食べません?)は、「西洋かぼちゃ」です。
日本かぼちゃは甘みが比較的少なく、果肉が粘質で水分が多いのが特徴です。皮に縦溝があり、上から見ると花のようなので「菊かぼちゃ」と呼びます。
西洋かぼちゃは甘みが強く粉質で、ホクホクとした味わいから「栗かぼちゃ」とも呼ばれます。
西洋かぼちゃを食べなれていると、日本かぼちゃは水っぽくて甘みが薄い・・ですが、このかぼちゃは違います。ねっとりしていて、上品な甘さが口の中に広がります。そうそう、ちょうど割烹で先付けとして出されるような、あの雰囲気をかもし出していました。
もうひとつ、ペポかぼちゃというものがあります。味は日本かぼちゃよりさらに甘みが少なく淡泊です。でもこれは、形や色の面白いものが多く、食用のほか鑑賞用にも利用されています。西洋画に描かれていたり、イタリア料理店の入り口に「収穫祭」と題したオブジェがあれば必ずペポがいます。
そしてさらに、「そうめんかぼちゃ」もあります。さて、その正体と名の意味するところとは・・・。後日発表!!a0083038_11174425.jpg
by honohono79 | 2007-05-24 23:06 | 家ごはん